2021年04月16日

シカによる食害

2021041609100000.jpg

柿の木です。

写真手前の下枝は、シカに新芽を食べられたので
葉が生えていません。棒になっています。
もちろんこんな枝では柿はできません

山に食べるものが少ないので、
畑にやってきて やわらかい新芽をかじります

年々、獣害柵の設置距離が伸びています。
それだけ被害が増えているということです

今冬も柵を延長する予定です

中山間地帯の果樹農家は、獣害柵なしでは
栽培は困難になりつつあります。

柵を囲んだ畑は、安心して苗木を育てることができます
100年後も収穫できるよう栽培に励みます

posted by nouyusha at 12:00| Comment(0) | 活動内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: